忍者ブログ

更新

2007年07月06日
F第二部の8、9話を更新しました。
深夜のテレビショッピングにはまりつつあるこの頃です。誘惑に負けて、汚れが激落ちするという掃除用アイテムを買ってしまった。商品届くのが楽しみです。テレビで紹介されていたように、奇麗に汚れが落ちるのかな〜(期待中)
ところで、さきほど、「気分」という文字を打ったら、まず最初に「危文」と変換された。自パソにも危険文章と判断されているのだろうかと悩…(遠くを眺め)

穂罪さま
お言葉が文頭の方で切れておりました。途中送信されたのでしょうか?
 
振り返ればいるヤツさま
はじめまして、振り返ればいるヤツさま。ようこそいらっしゃいませ。
日参してくださっているとのこと、ありがとうございます。小説の方、楽しんでいただけてとても嬉しいです(照)。
サブキャラを気に入ってくださったのですか、光栄です。とりあえず率帝は確実にこの先も出番があります。
Fの続き、お読みくださり、ありがとうございます。ディルカレートは今回の更新でこんな感じになりました(危)
ソルトは不遜な下僕です。きっと好きな相手をいじめてしまうガキ大将タイプかと(違う違う)
響とソルトの漫才的かけあいをこの先も時々含めていきたいと思います(こんな主従って…)
現在、シリアス傾向で続いておりますが、よろしければまた是非お付き合いくださいませ。
それではメール、ありがとうございました。
 
麻川 基さま
お心遣いありがとうございます。このmemo、日記ではなくメールお返事とサイト関連のお知らせの場として使おうかなと思いつつも、たまに日々のことを書いてみたり…(危)
Fの続き、お読みくださりありがとうございます。ソルト、ツンデレ兄ちゃん…!(このお言葉に悶えつつ)
好いていただけて嬉しいです。ディルカレートは本日の更新でこんな感じになりました。過保護'sが響とディルカの側にいたら、きっと大変なことに(怖)
前回更新分のラストの人は、この人でした(と宣伝しつつ)
またお付き合いいただけましたら感激です。それではメール、ありがとうございました。
 
毛糸さま
ありがとうございます(照)。花術師&F、読んでくださり、嬉しいです。愛犬…(犬くん可愛い……悶)
ラブのお言葉に、天井まで舞い上がっています(飛んでけ)。リスカ、だんだんとジャヴに懐きつつあります(違)。セフォーの出番が遠いです(そっと空を見つめつつ)
響の方はバトルがもう少し続きそうです。ヒロインをどこまでも悩ませるのが好きだったりします(危険思考)
そして人外(ソルトとか)とコンビを組ませるのが好きだったり(とまれ)
光栄なご感想、こちらこそどきどきしております(喜)。ああっ奇麗な川…!?(慌てて引っ張りつつ)
またのお越しを24時間いつでもお待ちしております(幸)、楽しくて光栄なご感想、いつもパソの前で感謝を叫んでます。それではメール、ありがとうございました。
 
Devil君さま
F、お読みくださりありがとうございます。カウエスもこの先、ところどころで登場させる予定です。展開的には世界再生=人の再生という感じで進めていきたいので、複数のキャラとの関わりを持たせようと企んでいます(そのために展開がスロー…)。ディルカと砦組は今回の更新でこんな感じになりました。
二通目のご質問についてですが、第二部の5話でイルファイは指摘めいたことをしてますよ〜(ご質問の点をはっきりと詳しくは口にしてませんが、「身勝手な行動は慎め〜…我らを救うためというなら〜…」と言っています。ここは展開の勢いを考えて、短い台詞に集約させました)。その上で、響をとめてはいけないと思った、という台詞を言っています。←この台詞についての理由は、前の4話の方で、「神の娘とは厄介だ…〜」と述べております。
イルファイは響自身の性格などについてはともかく、その神力には疑いをもっておりません。響の考えにつきましては、本編の通りです(イルファイの考えに響が気がついているかはまた別です)。内容的には響は今後も(今までもでしたが)無謀で浅はかな行動を取り続けます。まだ自分に自信も覚悟もなく、考えも足りない成長途中であるためです。異世界生まれではない普通の少女がそう簡単には、正しい反面非情ともいえる決断はくだせないだろうと思い、この設定で書いています。それではメール、ありがとうございました。
 ※追伸:すみません、一通目と二通目のメールのお返事を一緒にさせていただいたのですが、別々の方だったでしょうか(お名前の方、小文字と大文字との違いがあったので、もしかしたら別々の方かもしれないと思いました)。

林檎満さま
はじめまして、林檎満さま。ようこそいらっしゃいませ。
小説の方、読破してくださったとのこと、光栄です。好いていただけてとても嬉しいです(照)
こちらこそ、ご感想感激です。感想を書くのって時間がかかりますよね、こうして小説に対する言葉をいただけること、幸せです〜。
妄想のままに書いている小説ですが(危)、少しでも楽しいと思っていただけましたら万歳な気持ちです。
お心遣いありがとうございます。林檎満さまもお身体の方、どうかご自愛くださいませ。
それではメール、ありがとうございました。よろしければまた是非いらしてください。
 
 
・返信不要でメールをくださった方々、ありがとうございます(喜)。
PR