忍者ブログ

恋と悪魔2のラフ画です。

2013年04月24日
こんばんは。
今日はちょっと寒いです。

☆5月発売予定の「恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無」(アマゾンさんにリンクしてます)のラフ画、公開のご許可をいただきましたのでアップです。

こちらからどうぞ→ 『恋と悪魔と黙示録2・ラフ画』

描いてくださったのは榊空也様。
本編の挿絵もいただいたのですが、すごく悶え転がりました。これはたまらぬ。キュンとする…!

表紙が一迅社文庫アイリス様に出ています。
今回、ヴィネトも表紙に入りました。

詳細はまた後日に。



☆花神遊戯伝、角川ビーンズ文庫様にて今、まめノベルが第二弾まで公開中です。次は26日予定です。
お付き合いいただけましたら嬉しいです!

ちなみに知夏、自分の屋敷に仕えてくれている神女とは仲良しです。
そうなるまでには紆余曲折がありました。
神女たちは最初、知夏の回りに溢れる碁子ズに怯えまくっていました。
「なんで碁子がこんなに群がるの!? まれびと女神って恐ろしい…!」と、遠巻きにされる知夏。
しょんぼりしていると、碁子たちは「これはいかん! わしらの知夏が孤立してしまう…!」と奮起し、神女たちにせっせと花を捧げるようになりました。その努力が実を結び、神女たちは今は親しげに碁子に挨拶を………、ってこれはなんの話だ。

ええ、碁子の見た目は、某黒い虫を少し大きくし、むにゅっと全体的に丸くして、さらに極小の嘴と羽をつけたような生き物でして…


☆メールくださった方々、ありがとうございます!
サイト小説&文庫にご感想、ありがとうございました。
新刊、予約くださったという方々、どきどきします、楽しんでいただけたらいいのですが…!
出版社様から見本いただくとき、嬉しくも緊張します。




★日常話。
まだキッチンマットが編み終わりません。三分の一も進んでいない気がします。
というかこれ、途中で糸が足りなくなること間違いないです。

懺悔します。二日続けて毛糸を注文してしまいました。しかし! 少しだけです。十玉程度ずつです。……いや、もう数玉多いですが…
どう考えても毛糸が観賞用になっています。
PR