忍者ブログ

[PR]

2018年12月16日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新刊です

2017年10月01日
☆気がつけばもう十月…

新刊お知らせです。





ビーンズ文庫様より、「竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王」発売です。(画像はAmazonリンク)

お力添えくださった方々に厚くお礼申し上げます。
担当者様、青月様、書店さん、ありがとうございます。

・カバーは青月まどか様です。
イラストを描いてくださりありがとうございました。
表紙の二人は主人公の紗良とヒーローその1の由衣王というキャラです。

・あらすじとか。
久しぶりの和風ファンタジーです。平安時代ベースの世界観に竜神とかのファンタジーを入れました。
地に住む少女が天の都で暮らす高貴なツンデレ竜たち(四人)のお世話係になり、色々あってかしずかれるというような内容です。

・特典とか。
アニメイト様でペーパー有りです。よろしければぜひ。
あと、電子書籍のほうにもSS有りです。(ペーパーとはまた別の内容です)
どちらもほのぼの系の内容だと思います。

あと、4日まで、ビーンズ文庫様がアニバーサリー展を開催されているそうです。
花神遊戯伝と今回の竜宮輝夜記の複製原画も展示されるとのことで、こちらもよろしければです。



☆メールやお手紙をくださった方々、ありがとうございます。
サイト小説・書籍のご感想、嬉しく拝見しています。お返事出せなくてすみません。
まとめてになってしまいますが、s&s、F等にお言葉くださった方々、ここでストップになってしまいすまぬ…
待ち続けるよ〜というお言葉、本当に嬉しく、申し訳ないです。



一部にプチレス。
・恋と悪魔の最終巻、お手に取っていただけてとても嬉しいです!
なぜ神の子(神の娘)とせず、王の子としたか〜……というご質問についてですが(大変遅くなりまして申し訳ない……)、この箇所の『王』は、一国の王様じゃないよ〜という意味で二重鉤括弧にしています。
王と神をイコールにしたというより、王=天地の支配者(統べる者)の意味合いであったりします。
ここはアガルがジンワンたちに説明する場面の台詞ですので、(人間の)彼らに対して、レジナという娘がまず「高位の者」である事実をわかりやすく伝えようと、『王』という言葉でたとえている感じです。
※もっと突っ込みますと、宗教的に、「神の子」というと信徒全般をさしてしまう場合がある、それと同様に「神の娘」と表現してしまうとラプラウを信じるすべての女性が該当してしまう。その誤解を避けるため、まずは『王』にたとえてから、「広義における宗教的意味合いではなく血筋的に正当な神の子どもである」という流れにもっていった、みたいな……。
と、こんな感じでアガルは意味深に言っていますが、どちらかといえば血統のあり方云々よりも、レジナがないがしろにされるのが許せない!という気持ちのほうが強いので、とにかく偉さを強調したとかなんとか(笑
なんとなく「あっ、とても高貴な娘ってことなんだね!」というおおまかなニュアンスで全然OKです。

・ああー!バーハムフォンを受けとめてくださった方……!(*´∀`)ノ**
やったぁ!残念イケオジだなんて嬉しいお言葉をいただいたら……バーハムフォンがあなた様に惚れてまうやろ…!
もうっ、責任取ってバーハムフォンを嫁にもらってください!(嫁です。嫁です!)
こちらこそ長い物語に最後までお付き合いいただけて、とても感謝です!
ラウルを可憐と…!? さっそくラウルに浮気だなんて…!
でもバーハムフォン、第一妻の座は誰にも譲りませんよー!

・s&sをお読みくださりありがとうございました!
このお話を書き始めた当初、こんな(物理&精神的にも)ひっどいヒーローで大丈夫だろうかと思ったことを覚えております(笑

・す、すまぬ…!六花爵、ここで終わりです。

・s&sもすまぬ…!
恋と悪魔最終巻、読んでくださってありがとうございます!
ヴィネトですが、へへへ……、残虐な幻魔王のままというルートも考えていました(そちらのルートがえぐすぎるので、ハッピーなほうを選びました)


・なんてことだ、Fもすまぬ…!
サイト小説に手をつけられていない状態です。書籍版との違いもどうしようかと。


・こちらこそ素敵なご感想をありがとうございます!恋と悪魔、最終巻までお付き合いくださり、感謝!
シリアス場面がある物語でしたので、ここまで書かせていただけたことも本当にありがたかったです。


・少女から大人へ…!サイトを作ってからそんなに経つんだなあとしみじみです。
s&sを読んでいただけて嬉しいです、本当にありがとうございます。
小説にある言葉は変わらないのに、月日を重ねてから読むと、違う景色が広がる事がありますよね。
(※私の小説はよろめいていてアレですが、世にはたくさん素晴らしい本があり…!)
それが懐かしくもきらきらしているようなら、あなた様は心の深いとっても素敵な女性です。




☆日常のゆるい話。
・もうずっと編み物に手をつけていません。溜まっている毛糸をどうしようか…。
今は服作りにハマっています。といってもイージーパンツとかサルエル系の簡単なものしか縫えぬ。ミシンがないので手縫いでちくちくと。これがまた、修行している気分になって楽しい。無心でできるので、頭をリセットしたい時とか気分転換したい時にもってこいです。
・最近、つげ櫛がほしいです。ツゲじゃないんですけどブラシを木の櫛にかえたら髪の静電気がおさまってびっくりしました。そんなわけで味を占め、つげ櫛がほしくなりました。半月形がほっこりしていてかわいいです。
PR