忍者ブログ

「階段坂の魔法使い」発売です。

2015年09月03日
ビーンズ文庫様より、「階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日」が発売です。(画像はAmazonさんリンク)

階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)

・こちらは新作となります。
本書出版にあたり、お力添えくださった方々に心よりお礼申し上げます。
担当者様、山下ナナオ様、本を置いてくださる書店さん、ありがとうございます。

・イラストは山下ナナオ様。
イラストを描いてくださり、光栄です。
素敵なキャラデザインをありがとうございました。
男性キャラがとても格好いいです。ルイス、色っぽくてグッときます。
ロブの顔パターンも、ぱっちり目ver.とかのラフをいただき、最後まで迷いました。どれも素敵でときめきました。
そして挿絵のあちこちにちりばめてくださった動物にむふむふしつつ、ペンギーン!
とても雰囲気のある挿絵ですので、どうぞ堪能くださいませ。


・あらすじ。
およそヴィクトリア時代を下地にしてますが、そこに魔法ファンタジーを加えました。
糸森比で残酷系ではない内容を目指しました。
愛の溢れる感じを!と思っていたら、なぜか獣愛に走ってしまった気がしなくもありません。(初稿を書き上げたあと、誰も拷問にあったり死んだりしていない…!?と動揺した)

具体的なあらすじは、こんな感じです。
郵便系お仕事&事件(?)ものです。そしてペンギンと戯れる物語です。
主人公ジュディは、触れたものをなんでも眠らせてしまうという呪いを持つ。階段坂の町で暮らす悪名高き魔法使いと結婚すると思ったら、実は採血目的で、冷たく追い出されそうになってしまう。
でも魔法使いの弟子の協力で、「鳥獣郵便」という魔法の郵便工房で働くことに。
ところが不審な郵便事故が発生し、ジュディはその犯人ではないかと皆に疑われてしまう。
そこで、町で出会った謎の青年紳士ヴィクターとともに、真犯人を探すのだが……。
偏屈魔法使いと少女の、獣ラブストーリーです。



・色々つぶやき。
いつか書きたいと思ってあたためてきた郵便ネタなので、書けて嬉しいです。楽しんでいただけたらいいなあ。
魔法使いとか魔術師とか大好きです。魔法を考えるのが楽しいです。
プロットの時のタイトルは「眠らせ姫と階段坂の魔法使い」でした。めったにタイトルが一発で決まる事がなく悩みまくるので、これはあまり変更なくすんなり決まって密かに嬉しかった。
ヒロインのジュディ、自分にしては珍しく女の子口調のヒロインにしてみたので(脇キャラなら女の子口調は結構出してます)、新鮮でした。
魔法使いは最初は「ヒッヒッヒッ」とか言いそうな鷲鼻の意地悪な老魔法使い系でしたが、こちらはNGとなったので獣人へ変更に。で、ちょうどヴィクトリア系の時代なので、少しスチームパンクっぽい雰囲気にしようと。山下さま、ラフを色々ありがとうございました!
異形と獣の組み合わせが好きでたまらん。
鳥獣郵便の参考にと、動物図鑑を眺めてにやにやしてました。鳥図鑑、楽しい。
ちなみに、めちゃくちゃどうでもいい情報ですが、私のPCのキーボードにかけている布カバー、ペンギン模様です。


・特典について。
アニメイト様でペーパー有りです。ヒーロー目線の小話です。
あと、ビーンズ文庫公式サイト様で、小話を読めるとのことです。サンクスフェアの中にあるのかな?
どちらとも、本編をお読みくださってからのほうが内容がわかりやすいかな、と思います。

 
・メールくださった方々、ありがとうございました。
s&s新刊、階段坂のご感想、嬉しく拝見してます。こちらこそ読んでくださり、感謝です。
s&s、嬉しいお言葉ありがとうございます。s&sその他小説、続きの構想もあるのですが、なかなか手を付けられず……
階段坂は、紙面をモッフモフにしてやる…!とか思いながら書きました。お手に取ってくださり、ありがとうございます!
でもまだモッフモフモフにできるはずだ…!
PR